ちわわ喧嘩。










「ユノっ!」

「ん?」


「なんであの人と飲みに行ったの?」

「…?友達だから?」

「なんで二人で行かなきゃいけなかったの?意味が分からない」

「いや、それはたまたまなんだけど」

「たまたまって……はっ、好きになったの…?」 

「は!?え、なんでそうなるんだ?そんなわけない」

「どっちかに好意がないと二人で会うことになんかなんないだろ!」

「……。俺は、、お前だろ…っ。、言わせるなよ…」

「…っ、だから信じられないんだって!ユノが理解できない、皆に平等すぎる。ちゃんと好きなら僕を一番に考えてよ、僕のこと大事じゃないの!?」



「一番……」

「……違うの……?」

「順番とかつけられないし友達も仲間もみんな大事だよ」

「……それは分かるけど、僕の欲しい答えじゃない……」

「じゃあ…、なんて言えばいい?」

「そんなんも分かんないの?……あんた最低だな。もういい、、」

「好きだよ。いつも感謝してる。どうしたら分かってくれる?」

「どうせ皆が好きで皆に感謝してるんでしょ。そんな気持ち、僕は申し訳ないけど分かんないし分かりたくもない」

「…むー、」





「!ちょ、キスで誤魔化すな!!」

「したいと思うのはチャンミンだけ。ずっと隣に居て欲しいのもチャンミンだけ」

「…っ、だったらもう二人きりとかで飲みに行かないでよ!僕、嫉妬してしまう。……ユノを取られそうで、、すっごい嫌だ…っ、」



「……。そっか……じゃあ、もう行かない」

「え…?」

「嫌な気持ちにさせて、ごめんな?」

「……本当?男の人とも女の人ともダメだよ?…正直、仕事の延長線上で飲みに行くも嫌でやめて欲しいんですけど……」

「うん、いいよ。他にも何かチャンミンが嫌に思うことあるか?」

「……とにかく……ユノと誰かが二人きりとか、ヤなんですよ。。」





「!だから何キスしてんすかっ!」

「いや、ははっ。今のどうしたって可愛いからっ♪」

「…っ、別に可愛くないっ。真面目に聞いてよ!」

「うん、聴いてるよ?」

「じゃあ!飲みに行くだけじゃなくて…カフェとか映画とか買い物も……僕以外の誰かと二人ではもう行ったりしないでっ」

「うん。分かった」

「出来るわけないじゃん!本気で言ってんの!?」

「本気。それでチャンミンが嬉しいんなら、俺もすごく嬉しいから」

「…………」

「だからチャンミン、笑って?」

「……ユノからは、何か僕にやめて欲しいこととか、ないんですか?」

「何にもないよ」

「だって僕……こんな風に嫌なことばかり言うし……。あ…じゃあ僕も、キュヒョンと二人で色々行ったりもうしませんから。……行く時はミノとか、絶対三人以上とかで予定合わせます」

「そんな事しなくていい。チャンミンは行っておいで」

「だって……そしたら不公平に」

「いいんだよ」





「……」

「そんなの気にしない。楽しいことは思いっきり楽しんでこい。チャンミンに直して欲しい事とか、全くないから。な?」





「…ズルいなぁ、ユノは。何でそんなにいい人なの?仏なの?いや、神か?」

「ふふふ、俺スゴいだろ♪」

「ですよ、本当に。……ちなみに、その……あの人と飲みに行って…、楽しかった?」


「え」

「ん?」


「……うーん…ぅん、、まあ…」

「なに、まあって」

「いや別に。タノシカタ、」

「…ユノ?」

「はい…」





「ユノ、何ですか。教えて?」

「チャンミン、だってズルいな…」

「ふふふ♪いいから教えろ♪」

「…………悪い。実は、、」

「…う、ん……」
 


「……前からチャンミンのこといいなって思ってたらしくて…でも俺いるし悪いけど諦めてって言って……」

「……。は!?」

「そういうサシ飲みだったから……あんまり楽しくはなかった……」

「……始めっから言ってよ。こんなに怒って、、僕バカみたいじゃん…っ」

「言えるわけないだろ!格好悪いだろ!…なんか、卑怯だし……」



「……。ユノ、さっき禁止したやつ。やっぱナシで。僕もやっぱり、ユノには自由にして欲しい」

「……お前、面白いなぁ」

「なんで?」

「皆が喜んでくれるようなこと言っても喜ばないのに、皆が見たくないような俺の醜い部分に喜ぶもんな」

「……。ユノだって同じでしょ、僕の欠点なとこ可愛いって言うじゃん」

「いやチャンミンは喜び過ぎだからっ」

「……そうっすか?」

「今めっちゃニヤけてるじゃんっ、」

「…ぶっ、ふふふふふふ♪」

「あーもう…、すっごい恥ずかしい…っ、ごめんチャンミン。俺、本当格好悪いな…」

「ふふふふふふ♪」

「…っ、笑い過ぎだから!」





「っ、」

「ユノ、僕ね?」

「……なに」

「皆が褒め称えるホトケのようなユノはもちろん凄いなっていつも尊敬してますけど、ユノの格好悪い所に僕、心を鷲掴みにされるんですよね♪」

「…っ、…本当かわってるわ、お前」





「人間らしくて、いいじゃないですか。嫉妬したりドジったり…僕はそのまんまのユノが一番いいんです」








SS
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Fc2


スポンサーサイト

コメント

  • 2017/05/05 (Fri) 15:04
    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する